Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/e/p/c/epcenter/web/epc/comipo/blog/class/RSS.php on line 15

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/sites/heteml/users/e/p/c/epcenter/web/epc/comipo/blog/class/RSS.php on line 20

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/sites/heteml/users/e/p/c/epcenter/web/epc/comipo/blog/class/RSS.php:15) in /home/sites/heteml/users/e/p/c/epcenter/web/epc/comipo/blog/class/RSS.php on line 40
<![CDATA[コミPo!マンガで綴るオタクカルチャー紹介ブログ「こみぽっとレポート」]]> http://comipo.info/blog/ ゲーム・アニメ・マンガ・ライトノベルなど、サブカルチャー関連の情報を配信します♪]]> ja 60 Chicappa! Blog Comipo Info Blog Contents http://comipo.info/blog/?eid=12 こみぽっとレポートとは・・・ジャパニーズアニメ・コミック・テクノロジーなど、オタクカルチャーの紹介イベントをコミPo! マンガでPo! っと綴るブログです。

「カルカソンヌ日本選手権」に行ってきました

>>>Go to Contents!

「コミックマーケット80」に行ってきました

>>>Go to Contents!

同人イベント「博麗神社例大祭8」に行ってきました

>>>Go to Contents!

企業ブースのお手伝いに行ってきました

>>>Go to Contents!

小田原城に行って花見をしてきた!

>>>Go to Contents!

同人イベント「みみけっと24」に行ってみた!

>>>Go to Contents!

『コミPo!』製作者達によるトークライブに行ってみた!

>>>Go to Contents!

ミクパ=39ビデオ会<柏の葉>に行ってみた!

>>>Go to Contents!

Y2×VOCALOID CAFEに行ってみた!VOL.2

コスプレキャストさんのショットも全員紹介 >>>Go to Contents!

Y2×VOCALOID CAFEに行ってみた!VOL.1

>>>Go to Contents! ]]>
Mon, 11 Apr 2011 17:54:15 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=12
カルカソンヌ日本選手権に行ってみた http://comipo.info/blog/?eid=11 カルカソンヌ日本選手権 カルカソンヌは“街づくり”をテーマにしたゲーム。2001年の年間ゲーム大賞・ドイツゲーム賞を総なめにした人気ボードゲームで、10月にはドイツで『第6回カルカソンヌ世界大会』が開催される。ドイツでは日本よりもボードゲーム人気が高く、大会の模様はパブリックビューイングで中継もされる予定だ。 今回は、その世界大会に向けて日本代表となる選手を決めるべく行われた『カルカソンヌ日本選手権大会』の様子をお伝えしよう。 すみだ産業会館 サンライズホール8階にて行われた 準備中の会場 大会に使用した道具。チェスクロックは大会用に用意したもの

主催者の方にお話しを聞くことができた。

準備中の最中、主催者にお話を聞くことができました。お忙しい中ありがとうございました。 主催 能勢良太 氏: カルカソンヌ日本選手権のきっかけは何ですか? 10月に開催される第6回カルカソンヌ世界大会にむけ、ベルギーから今年の2月に「日本選手を出さないか?」とのメールを貰い、日本代表を決める日本選手権大会の開催に至りました。気持ちとしては、地方大会からやりたかったのですが、地方ルールなどの問題もありますし、今回はどうしても準備する時間が足りず、東京の大会で代表を決する事になりました。 準備にあたり苦労されたことは何ですか? 普段は使わないのでチェスクロックをどうしようか悩んだのと、場所探しには特に苦労しました。ホテルの広間のような場所代が高額なところも選べず、かといって地方公民館のような場所で開くわけにもいかず・・・・・・今回お盆休みを狙ったのは、企業が休みで場所を押さえ易かったからです。 告知~参加者決定についてはどうでしたか? 当初予定していた募集枠50人はしっかり埋まり、さらに会場のレイアウトを工夫して66人まで枠を増やして募集しましたました。応募締切後に「まだ募集してますか」との声も多くありましたが、大会当日までにキャンセルもありました。 できるだけ多くの人に参加してもらい、楽しんでもらいたい気持ちはあるのですが、参加人数が多ければ多いほど管理も大変になってしまうので、そこはジレンマがありました。 今後もこのような大会を開く予定はありますか? また世界大会があるような大会があれば、ぜひ日本でも大会をやりたいですね。今度はできれば地方大会からやりたい気持ちもあります。

日本選手権開始

10時頃になると選手が開場に入場し始めた。年配の方や女性の方、海外の方も参加していた。プレイヤーの幅広さが感じられた。 10時半になると、予定通り「カルカソンヌ日本選手権」が開催される。主催者の挨拶の後、大会ルール、チェスクロックの使い方や細かな注意の説明がされる。 一通りの説明と選手からの質問を終えると予選が開始された。 続々と入場する選手達 主催者挨拶とルール説明 予選第一試合開始 スタッフTシャツは2000円で販売 予選は5回行われ、その中から上位4名が準決勝、決勝へと進むことが出来る。 最初は緊張していた選手達も会場や場の雰囲気に慣れ始めたのか、雰囲気が第一試合とは違うものを感じた。 タイムスケジュール。一試合およそ50分

出場者選手へのインタビュー

対戦が終わった選手にお話を聞くことができた。大会の最中、ありがとうございました。 「ツイッターで大会を知りました。カルカソンヌを買ったのは随分前で、大会は初めてで身内以外の人と対戦するのは緊張しますが楽しいです。」 「何か大会がないか検索したら見つかったので応募してみました(笑)。日本語版がでたときに買ったのですがしばらくやってなかったので、遊ぶ機会がなかったので大会があるのは嬉しいですね」 「ツイッターで大会を知り応募しました。緊張して時計を押し忘れるときも(笑)。カルカソンヌは9ヶ月と半年ぐらいです。次もあればぜひ出場したいです」 「大会はツイッターで知りました。7~8年前に買って、合間を見ては知り合いと遊んでました。いろんな人との対戦は楽しいので次もでてみたいです」 「仲間から大会があると聞いて応募しました。5~6年前に買ったのですがしばらく遊んでなく、大会を知ってから再び遊びました。人によってプレイ方法が色々あるのがわかって楽しいです。次も参加したいです」

準決勝、決勝、日本代表決定

タイムスケジュールどおり大会は進行し、上位4名が決定。準決勝、決勝が開始された。 上位選手のプレイを見守る他の選手達。一手一手に魂を込める上位選手。 緊張が会場を覆う中、ついに日本代表が決まった。 優勝 小向真之介氏 インタビュー 「実は決勝戦で対戦した伊賀上さんとは予選1回戦で当たっていて、その時は敗れてしまったのですが、決勝では予選のリベンジができてよかったです!今回の大会は友達の紹介で知ったのですが、出場するからには優勝したかったので、大会を知ってからカルカソンヌを遊び始めました。世界大会ではドイツの人たちに負けないようがんばります!」 優勝した小向真之介氏にはメビウスゲームズから往復券と宿泊券が提供される。世界大会での活躍に期待したい。 準決勝、決勝が始まる 上位者のプレイを見守る他の選手達 見事優勝し、主催者からドイツへの往復券と宿泊費が手渡される 見事上位を勝ち取った4名 スタッフと参加者の記念撮影。お疲れ様でした。 カルカソンヌ日本選手権公式サイト ボードゲーム・カードゲームの店「メビウス ゲームズ」 ]]>
Mon, 11 Apr 2011 17:50:59 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=11
コミックマーケット80に行ってみました http://comipo.info/blog/?eid=10 コミックマーケット80 8月12~14日に東京ビッグサイトにて行われた「コミックマーケット80」に行ってきました。 コミックマーケット(以下コミケ)は夏と冬(年末)の、年2回行われ、年末のコミケには毎年友人と行くのですが、夏は帰郷するのでほとんど行ったことがありません。5年ぶりぐらいでしょうか。 コミックマーケット80カタログ 今年は例年にも増して暑さが厳しいと聞いたので、水分、タオル、帽子、塩飴など暑さ対策をして出発。 途中、友人と合流し9時半頃会場に到着。東館方面の駐車場まで行き、そこの待機列で開場まで待機。予想以上の暑さでしたが、暑さ対策をしてきたおかげて難を乗り切ることができました。 スタッフの方から「体調の悪い人はいませんか?」と言った声がしきりに聞こえるぐらいですから、参加途中で倒れる方は想像以上に多いのでしょう。 館内への入場は日時によって異なります。 友人と会話をしつつ待機列で待っている際、コミPo!うちわを使われている方を見かけました。コミPo!の販売を担っている一人としてうれしく思いました。 10時になると奥から拍手の音が。コミケ恒例の開場を告げる拍手を聞くたびに、コミケが始まったと実感します。 ・・・とは言ったものの、待機列が動く気配はなく、動き始めたのは11時を少し過ぎてから。何時も通りと思ったのですが友人曰く「去年はこんなはずでは・・・」とのこと。 会場に入場し、しばらく友人と行動を共にした後、合流場所と時間を決めて別行動開始。時間と場所の打ち合わせは念入りにしないとすぐはぐれてしまうのがコミケの恐ろしいところです。 一通りの買い物を済ませ、合流場所の西館へ移動。途中、「二度と東館へは戻れない」と思わせるほどの行列を見かけました。 時間通りに友人と合流。とある方曰く「コミケ内での一時間、二時間の遅れは誤差の範囲」とのことですが、実際にあったら目も当てられません。 13時頃、西館駐車場のコスプレ広場に到着。以下は撮影、掲載許可をいただいたコスプレイヤーの皆さんです。 (左)ホァン・パオリン (右)イワン・カレリン インキュベーター (左)アリス・マーガトロイド (中)霧雨魔理沙 (右)ナズーリン あいさつ坊や (左)佐倉杏子 (中)鹿目まどか (右)暁美ほむら (左)バーナビー・ブルックスJr. (中)鏑木・T・虎徹 (右)カリーナ・ライル 小早川 凛子 暑い中、ありがとうございました。 コミケに参加するときはだいたい15時まではいるのですが、友人共々、暑さでヘトヘトになり、14時頃にはビッグサイトを後にしました。 次にここを訪れるときは年末でしょうか・・・。 参加された方々、炎天下の中お疲れ様でした。 ]]> Mon, 11 Apr 2011 17:50:46 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=10 同人イベント「博麗神社例大祭8」に行ってきました http://comipo.info/blog/?eid=9 同じ月で4回も行くことになるとは思いませんでした・・・ ませう:行ってきましたよね?例大祭。 hos:何で行ったこと前提になってるの? ませう:hosさんのことだから当然行ってきたのではないかと。 hos:うん、まぁ、行ってきたよ。行ってきましたさ。 bd2w:先生、質問です。 hos:はい、なんでしょう? bd2w:例大祭って何ですか? ませう:先生、説明お願いします。 博麗神社例大祭 毎年春ごろに開催される「博麗神社社務所」主催の同人イベントで、オンリーイベントとしては国内最大規模を誇る同人イベント。 元となるコンテンツは同人サークル「上海アリス幻樂団」製作のゲーム「東方Project」。ジャンルは弾幕STG。公式サイトにて最新作「東方神霊廟」の体験版が公開されている。 2004年に大田区産業プラザPioで第1回目の例大祭が行われた。当時の参加サークルは約100。その後も毎年行われ、回を追うごとに参加数は飛躍的に増加。特に第5回の参加数約1000に対し第6回目は約3000と3倍近い参加数となっている。 今年も3月に行われる予定だったが震災により一旦延期となるものの、今月5月に無事第8回目を開催することとなった。 hos:とまぁ、こんな感じかな。 ませう:すごい、ちゃんと説明になってる。 bd2w:どこかの文章を写したみたいですね。 hos:・・・君達あとで正座ね。 ませう:で、行ってみてどうでした? hos:そうだねぇ、おもったより快適だったかな。 bd2w:快適・・・ですか? hos:うん、10時半開場で入場できるのは11時ぐらいと思っていたけど10分後には入れたし、会場内も人の多さの割にはひしめきあった感じがしなかった。もしかしたらサークルスペースの間隔を広めにしていたのかな。 ませう:同人イベントにしては珍しいですね。 hos:自分で感じ取っただけだから、実際にはどこかで揉め事とか起きていたかもしれないし、人の多さに歩くだけでも大変だった人もいるかもしれない。でも全館まわった感じ、自分としては苦にならない感じだったね。 bd2w:スタッフの方々のおかげですかね。 hos:そうだね。 例大祭カタログ ませう:で、今回はちゃんと撮影してきましたよね? hos:撮影と言うとニ○ニ○生放送のスタッフを見たけど・・・。 ませう:そうじゃないですよ。コスプレイヤーさんをちゃんと撮影してきたか聞いてるんですよ。 bd2w:そういえば以前名刺を忘れたとかで一枚も撮っていませんでしたね。 hos:いらぬことを覚えてるね君たちは。 bd2w:それでちゃんと撮影してきました? hos:してきたよ。撮影登録して撮らせていただきましたよ。 ませう:撮影登録必要なんですか? hos:必要だよ。コスプレする人もカメラ撮影する人もまず登録をしてから。これ大事なことね。 bd2w:登録が済めばあとは自由に撮影? hos:コスプレは会場内ならどこでもいいけどカメラ撮影は指定された場所以外の撮影は禁止。これも大事なことね。 ませう:色々と制約があるんですね。 hos:色々な人が参加するから線引きしないと収集がつかなくなるでしょ。 コスプレ・カメラ撮影登録証。登録料は500円也 コスプレイヤーさん撮影の際は一声かけてから。撮影した写真の掲載もご本人の許可をいただいてからになります。この度、撮影・掲載許可をいただきありがとうございました。 スカーレット姉妹 西行寺 幽々子 (左)八雲 紫 (右)博麗 霊夢 (左)藤原 妹紅 (右)上白沢 慧音 幽谷 響子 (左)洩矢 諏訪子 (右)鍵山 雛 非想天則 ませう:・・・最後のロボットみたいなのは何ですか? hos:ググれ ませう:次回も開催するようですね。そのときも行きますよね? hos:行く前提で質問されるのが気になるけど、まぁ、開催したら行くよ。 bd2w:次回は内容をもっと充実させたいですね。 hos:だったら君たちも少しは手伝ってよ。 ませう&bd2w:hosさんがんばってくださいwww hos:お前らwww ]]> Mon, 11 Apr 2011 17:50:29 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=9 企業ブースのお手伝いに行ってきました http://comipo.info/blog/?eid=8 やってきました東京ビッグサイト SUPERCOMICCITY20 東京ビッグサイト全館を2日間使用して行われる女性向け同人誌即売会です。女性版コミケみたいなものでしょうか。 その中の東5ホール企業スペースにて体験版の配布やデモンストレーション、「コミPo!」や関連書籍の販売を行いました。 COMITIA96 東京ビッグサイト東1・2ホールを使用して行われた自主制作漫画誌展示即売会です。パロディ・二次創作物はありません。 その中の東2ホール壁にて体験版の配布やデモンストレーション、「コミPo!」や関連書籍の販売を行いました。 SUPERCOMICCITY20のカタログ。1日目と2日目別々にカタログがあります イベント開始からしばらくして企業ブースを訪れる方が徐々に増えていき、体験版の配布も順調に進み、デモンストレーションを見に来られる方もいました。ブースのPOPやカントクさんイラストに魅かれてやってこられる方もいました。 コミPo!で漫画を作り、実際に本にして持ってきていただいた方もいらっしゃいました。嬉しい限りです。 こちらがその書籍。お持ちいただきありがとうございます。 体験版を配布している際に参加者の方から以下の質問・ご意見をいただきました。 いただいた内容についてはスタッフの方にお伝えして今後の参考にさせていただきました。 ・店頭販売はしていませんか? ・Mac版はありますか? ・古いマシンを使っているので動くか不安 ・モデルを自由に動かす(手足を動かす)ことはできますか? ・絵が描けないので私には無理です ・コミPo!・・・ってなんですか? ・追加データを学園版、SF版といった感じでアップデータで詰め込まずに分けたほうがよいのでは? ・ver2.0、ver3.0の予定はありますか? ・アニメーションもできそうですね ・取り込んだ3Dデータにポーズをつけることはできますか? ・服装のデザインを独自に作成したものに変えることはできますか? ・コミPo!はどんなゲームですか? 配布した体験版は公式サイトでもDLできます。 用意した体験版は全て配布され、大盛況の中イベントは無事終了しました。 今後も「コミPo!」をよろしくお願いいたします。 今月末まで「JOYFUL-2」さんの各店舗にてデモンストレーションと体験版の配布もしておりますので是非お越しください。 詳しい日程はこちらで確認できます。 →コミPo!公式ブログへ ]]> Mon, 11 Apr 2011 17:50:12 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=8 小田原城に行って花見をしてきました http://comipo.info/blog/?eid=7 小田急線小田原駅改札口 小田原駅からJR東海道本線で熱海方面に向かい、次の早川駅で降ります。 早川駅は数年前にJRのCMで舞台になった駅です。ペンギンかわいいですね。 CMはこちら 早川駅は無人駅。急ごしらえのSuicaがいい感じです 早川駅入口 早川駅を出てそのまま歩くと小田原漁港にでます。その近辺に「小田原さかなセンター」という魚介類を販売している所があり、センター内にあるまご茶漬け専門店で遅めの朝食をとりました。以前にも一度いったことがあり以前と変わらぬ美味さでした。 小田原漁港 小田原さかなセンター。その場で買った魚介類を七輪焼きで楽しめます 腹ごしらえをしたら小田原城に向います。来た道を歩いて戻ることになりますが大した距離はありません。散歩に丁度いいぐらいです。 東海道本線に沿って移動中 国道135号線を線路沿いに歩き早川口交差点を目指します。早川口交差点を右に曲がり道なりに進み、箱根口交差点を過ぎた少し先に見えるは小田原城・・・ではありません。一見お城に見えますが「ういろう」専門店です。 どう見てもお城ですが、ういろう専門販売店です 小田原には昔ながらの建物があちこちにあります 「ういろう」専門店から御幸の浜交差点へ進み、交差点を左に曲がると小田原城址公園に到着します。 小田原城址公園の桜。桜並木を歩くのは気持ちがいいです 馬出門、銅門、常盤木門を辿ると天守閣に到着。 天守閣内部は、古文書、絵図、武具、刀剣などの歴史資料となっており、最上階からは相模湾が一望できます。 銅門前では貝笛を吹く侍がいました 天守閣前の公園には猿山があり、お猿さんが元気にはしゃいでいます 小田原城天守閣 既に桜も散り葉桜になり始めていますが、観光には十分な場所です。皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか。 立ち寄った場所のサイトはこちら。 小田原さかなセンター まご茶漬け どん 株式会社 ういろう ]]> Mon, 11 Apr 2011 17:49:49 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=7 同人イベント「みみけっと24」に行ってきました http://comipo.info/blog/?eid=6 hos:と言うわけで行ってきました。 ませう:唐突っすね。いったい何の話ですか? bd2w:hosさんの事だから同人イベントにでも行ったんじゃないかな〜。 hos:む・・・正解。ケットコムさん主催の「猫耳キャラクターオンリー」同人イベント「みみけっと24」に行ってきたわけですよ。 mimi01.jpg みみけっと24カタログ。表4(右)は一面「コミPo!」の広告です ませう:あ〜みみけっと24。場所は大田区産業プラザPiOでしたっけ? hos:そうそう。1階の大展示ホール全面を使っての開催。 bd2w:ホール全面かぁ。それってイベント規模的にはデカいの? mimi02.jpg 大田区産業プラザPiO 同人イベントに限らず様々なイベントが行われています ませう:参加人数はだいたいどれぐらいでした? hos:どうだろう?自分もたくさんのオンリーイベントに行ったわけではないからなぁ。えーと、開場1時間前に到着して、会場横の駐車場は既に人でいっぱい。30分後には入口前の広場も人でいっぱいになってた。500人以上はいたかな? bd2w:それ結構な人数じゃない・・・?イベント自体は盛り上がってた? hos:盛り上がっていたね。震災の影響もなんのその。人気サークルさんには行列が例のごとくできていたし、レイヤーさんはカメラのフラッシュを浴びていて、落書きスペースには紙面の半分を一人で埋め尽くすほど気合の入った落書きがあったりとかね。 ませう:ほうほう・・・hosさんはレイヤーさんを見てニヤニヤしていた・・・と。 hos:おい!w ませう:にしても、結構カオスなんですね。同人イベントってそういうものすか? hos:あたらずとも遠からず・・・かな。言葉で表現できない部分も多いから一度行ってみるといいよ ませう:んー、考えときます bd2w:あ、企業ブースは? hos:コミPo!のブースは体験版もらう人、もっていく人、デモを見る人、質問する人、POPを写す人などなど、いろんな人がきて盛り上ってたね。最近出版されたものも含めて書籍も販売してたよ。 mimi03.jpg 「コミPo!」に関する書籍がズラリ mimi04.jpg デモンストレーションも行われていました ませう:買いました? hos:買ってない・・・あー、一冊買っとけばよかったかな。 bd2w:後悔先に立たず、か。何も買わなかったの? hos:ふふふ・・・同人誌はぬかりなく買ってきたよ。せっかくイベントに行って来たからね! ませう:なんか購入物に偏りを感じますが・・・ hos:気のせいです(キリッ mimi05.jpg 好きなものを買わなければ損です bd2w:あ、そういえば、今回はレイヤーさんの写真とかは撮らせてもらってないの? hos:じつは名刺忘れてしまいまして・・・ ませう&bd2w:何しに行ったのwwwww hos:つ、次から気をつけます・・・ blog110327_001.jpg]]> Wed, 30 Mar 2011 18:08:37 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=6 『コミPo!』製作者達によるトークライブに行ってきました #comipo http://comipo.info/blog/?eid=5 ■『コミPo!』製作者達によるトークライブ@新宿ロフトプラスワン 3月10日、新宿ロフトプラスワンにて「『コミPo!』製作者達によるトークライブ」が行われると知り、行ってきました。  現地に到着した頃には既に開場していたのでさっそく入場。既に席の半分は埋まっており開始の19時前には満席になりました。  入口から少し入った場所で「コミPo!」や書籍、VOCALOID等の商品が販売されていました。 comi01.jpg こちらの商品は売り切れるほどの盛況でした。  19時になり、浦嶋氏司会のもとイベント開始。数名アルコールを入れてのトークはご愛嬌ということだそうです(笑) comi02.jpg右から浦嶋氏、田中氏、小野氏、西海氏、いまざき氏。 comi03.jpg次々と公開される「コミPo!」の企画書。 comi04.jpg「コンセプトは当初と変わることなく制作できた」と田中氏。 comi05.JPGついに公開されたプロトタイプ版「コミPo!」。当初は背景も3Dモデリングだったことを知り会場にどよめきが。 comi06.jpgさらにキャラクターの胸の大きさまで変更可能だった。会場に更なるどよめきが(笑) comi07.JPG休憩後、伊藤氏(中央)、カントク氏(中央左)を迎え再開。 comi08.jpg「自由にデザインさせていただいた」とカントク氏。 comi09.jpg「「コミPo!」のコンセプトにカントクさんのイラストは適材」と田中氏。 comi10.jpg「コマ割の授業に「コミPo!」は活用できる」と伊藤氏。 comi11.jpg田中氏絶賛の「コミPo!」漫画「ひとりぼっち」。作者は漫画を一度も描いたことが無い方だそうです。 comi12.jpg「ネームの作成で「コミPo!」を使うのはいいですよね」「でも実際に描いて「ネームの方が良かった」と言われると痛いですね」と伊藤氏、浦嶋氏の談。 comi13.jpg今後のアップデートでは表情が大幅に追加される他、謎のキャラ(写真)も追加される。文字は田中氏直筆。 comi14.jpgツイッターで寄せられた質問や会場での質問に回答する小野氏。パーツの追加要望が多かった。 この後、田中氏、カントク氏によるジャンケン大会でイベントは終了しました。  漫画を描いたことがない人が「コミPo!」を使って漫画を作り始め、次第に慣れてきた頃、ああしたい、これが欲しいという思いを開発の方々にぶつけ、それに答えることで表現の幅が広がる。「コミPo!」は使い手とともに成長する、今回のイベントでそう感じました。これからの「コミPo!」に期待が高まります。 blog110310_001.jpg]]> Tue, 22 Mar 2011 19:49:12 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=5 ミクパ=39ビデオ会<柏の葉>に行ってみた! http://comipo.info/blog/?eid=4 葱!ミクパ♪葱 39's(Thank's) LIVE IN TOKYO 取材申請したけど、残念ながら、申請可否の連絡が帰って来なかった。個人的に、会社休んで、ビデオ会に行った<ネギ野郎>がいたので、皆で、問いつめた。 ボカロK:ネギ野郎君、ミクパ、どうでしたか? ませう:こんなのがありますね・・・      http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-1079.html ボカロK:もしかして、ゲロゲロ・・・っぽいよね!! ぬるぽ:SEGAの協力がいまいちだったのが今回の流れっぽいですよ〜。 <ファミリーマートのe+半券を勲章のようにみせびらかし「ネギ野郎」登場!> ticket.jpg ネギ野郎:まあ楽しめましたが、見たかったものが見れた感じではありません。 詳しくは、ませうさんの挙げたサイト見てもらえばわかりますが、 私の感想としては、 ・前座要らない。(もいもい嫌いじゃないけど) ・透過スクリーンを見たかった。 ・カメラワークが糞杉(アングルによって、存在感が皆無となる) ・休憩いらない ・メドレー多すぎ(休憩入れたせいでしょうか) あたりでしょうか。 カメラに関しては、現地の盛り上がりにはあまり関係ないでしょうが、 映画館組、ニコニコ組みに関しては、これでかなり盛り下がりました。 柏の葉では、音質が悪いことはなかったし、 リーダーとなって盛り上げてくれたファンがいたので、 映画館組のなかでは、わりかし盛り上がっていたのではないかと思います。 とにかく、ポテンシャルは高いはずなのにレベルの低いイベントでした。 去年が神懸っていたということなのでしょう。 今後のイベントでは奮起してもらえることを期待します・・・。 参考: リハーサルですが、本番もほぼ同じでした。 Youtube 去年は静止画でさえ存在がある。
ぬるぽ:ちなみにどうやら休憩時間に関してもミクの中の人がサプライズで登場する予定だったようですが色々アクシデントがあったようです。 http://yaplog.jp/saki-ohana/archive/4394
Denchu;そういえば昨日Popo会長がコミPo!で描いた初音ミクを見て思い出したんだけど、米子のゆるキャラ「ネギ太」(米子の特産品にちなんだキャラ)も初音ミクと前にコラボしていたんだった。 http://www.yonago-city.jp/yonegees/topics/yonegees20100806.htm vc18.jpeg Popo会長: そう言えば、<Y2×VOCALOID CAFE@六本木ヒルズumu>のネギチャーハンのネギ=米子産?・・・だったら、美しい! ・・・Denchu君、調べて報告したまえ!! Denchu;Popo、お前がやれよ! Popo会長: は〜い!!とほほ・・・Popoとやるか!! ]]>
Thu, 10 Mar 2011 21:15:50 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=4
Y2×VOCALOID CAFE(ボーカロイドカフェ)に行ってきたよ!コスプレキャストさんのショットも #vocafe #vocaloid http://comipo.info/blog/?eid=3

■Y2×VOCALOID CAFE@六本木ヒルズumu

六本木ヒルズumuの期間限定ボーカロイドカフェレポート、第二段は実際の営業の様子をお届けしたい。  明るくすっきりとした店内には中央に15卓ほどの4人がけの円卓があり、それを囲むように壁際に物販コーナー、サービスカウンター、ヤマハ、パイオニア、NTTエレクトロニクスなどの最新機器が実際に触れるコーナー、ステージ、『初音ミク Project DIVA』の試遊コーナーが設けられている。  Project DIVAを試遊していた千葉から来たという女性は「PSP版は持っているけど近所のゲームセンターにはDIVAは無いのでこれを触るのは初めて。グラフィックがすごくきれいでうれしいですね」とコメントしてくれた。  我々が到着したのは16:30ころで、その時点で店内は半分ほどの席が埋まっていたが、取材中にも続々とお客さんが入って気づけば満席に。店内では鮮やかなボカロコスプレのスタッフさんが注文を受けたり料理や飲み物を運んでいる。  まずは店内一周。入り口からすぐの物販コーナーでは、メインのボーカロイドソフト各種が特別価格で販売中。その他のグッズ類もかなり珍しいものが多数含まれておりマニア垂涎という趣。可愛いボカロキャラグッズの中で『ボーカロイドの父』Tシャツ(1500円)が異彩を放つ!

入り口すぐのボーカロイドショップコーナーの入り口。POPスクリーンが可愛い♪

ボカロ各種からレアアイテムまで色々揃ってます。一部商品は既に品薄状態とか。急げ!

VOCALOIDの中でもレア(?)なキャラクターのグッズも入手可能!

紫に金のインパクトがスゴ過ぎる"ボーカロイドの父"=剣持氏のTシャツ。「魔除けになります」とは販売スタッフの弁。

 体験コーナーではDJマシン『DDJ』や新感覚電子楽器『TENORI-ON』などを実際にいじることができる。使い方などさっぱり分からないが、もちろんスタッフさんがゼロから教えてくれるので楽しく体験できる。機材のデザインがどれもシャープでカッコイイので、それがちょっと使えただけでもなんとなくプロ気分。

コスプレスタッフさんがにこやかに機器のガイダンスをしてくれる。

ボカロ曲を自分の手でスクラッチ! 初めてでもDJ気分が味わえる。

正面ステージはカフェタイムなら飛入り演奏可能なのだとか。誰か挑戦してみません?

背後のディスプレイに映っているのは何と大阪。通信回線で結ばれた同期ライブなのだ。スゴイ技術!

ボーカロイドをキーワードに、各社の様々な最新技術を体験できる。

iPadでもVOCALOID!後ろではヤマハのスタッフさんもこっそりピース。

『Project DIVA Arcade』の無料体験台。プレイ方法が分からなければ遠慮無く聞いてOK。

 そして気になるカフェメニュー。お店一押しという『みっくみっくにしたタルト(ネギの野菜タルト)』と『ガチャソーダ(特製メロンソーダ)』(のスペシャルセット)と『例のネギチャーハン(ネギチャーハン)』を注文。もちろんその時にはコスプレスタッフさんがテーブルまで来て注文を受けてくれるのでちょっとウレシイ♪ ちなみに注文した時点でその場で会計を済ませるシステムだ。

カフェのメニューも『ロードローラーじゃないロールケーキ』などボカロウイットが利いたネーミングで楽しい。

ボカロコスのスタッフさんに注文。思わず顔ニヤケる…(^O^)。

ネギを模した緑のパッケージがかわいいカフェ一押しの『みっくみっくにしたタルト(ネギの野菜タルト)』。

 ネギタルト、と聞くとなんだかキワモノっぽい印象があるが、食べてみるとこれが美味! 甘すぎないさっくりしたクランブルの食感と、ほんのり残るバターとネギの風味が良い。これは是非皆さんにも食べてみて頂きたい。  上にちょこんとトッピングされた青ネギが可愛いネギチャーハンはぱらりとしたなかなか本格的な味。でも生の青ネギがちょっとカラい! フードメニューのお味は結構満足できるものだった。再訪の際は是非他のメニューも試してみたい。  テーブルに敷かれたペーパーマットはお持ち帰りOKとのことなので、折り目を付けずに持って帰りたい向きはA3サイズの大判封筒やポスター筒などを用意することをオススメする。 ※今回は我々がGETしてきたこのペーパーマット2柄をこの記事をTwitterで紹介してくれた読者3名様にプレゼント! 『ボカロカフェマット希望』という@メッセージを @ComiPo_Info に送って欲しい。

これがその中身。ガチャピングリーン(笑)の『ガチャソーダ(特製メロンソーダ)』と一緒にいただきます!

こちらは『例のネギチャーハン(ネギチャーハン)』。味付しっかり、パラリと炒められて美味し。

 そしてカフェスペースが一旦クローズした後に行われる毎日日替わりのチケットイベントにも参加してみた。今日のイベントは『第3回ドキ生アコースティック in VOCALOID CAFE』。 『ドキ生』はボカロ曲を人間の(失礼)アーティストさん達がその場で生演奏&歌うというもので、それをソフトドリンクやアルコール片手に聴くことができる。  このイベントは過去にも行なわれているだけあって150人以上の客席は満席、ライブのスタッフも慣れたもの。軽妙過ぎるオープニングトークでは『今日はいつも1枚のドリンクチケットが2枚付いていますが、1枚はドキ生ライブからのオゴリです』『今夜はぼく達も飲むので、皆さんもリラックスして楽しんで下さい』といった発言も飛び出し、その言葉通りに最初のアーティストが歌い始めて数分後にはスタッフの手にもビールが……。

『ドキ生アコースティックライブ』開演。満席の観客もリラックスした雰囲気。

 聞き慣れたボカロソングもアーティストの手にかかれば全く違った趣がある。外はとても寒かったけれど、このカフェの中は色々な人の熱意が詰まって実に温かい"場"だと感じられ、なかなか心地良い時間を過ごせたのだった。  普段はミクに代表されるキャラクターコンテンツとしてのボーカロイドが大きく取り上げられることが多いが、このカフェはあくまで音楽ソフトウェアとしてのボーカロイドが主役の場であり、『ボーカロイドカフェ』という言葉から直感的に想像されるような"みっくみくな"演出やデコレーションはほとんど無い(コスプレスタッフさん達がいなかったらここがそうだとは、一瞬分からないかもしれないほどに)。  ある意味、本来の姿に立ち返ったとも言える場の作り方だが、だからこそ本当にボーカロイドというツールを愛し、その可能性や未来に期待しているユーザーに訪れてみてほしい。 もちろん、『今の今までそんなモノ聞いたこともなかった』という方が、この稀有なテクノロジーとのファーストコンタクトを行う場所としても、絶好の機会だろう。  色々と言いたい事もあるだろうが(特に会場について。六本木でもヒルズは勘弁…!)これからのボーカロイドのためにも、今回のヤマハからのアプローチを素直に受け止め、一緒に楽しむのが良いのではないかと思う。

接客してくれるボーカロイドコスプレのスタッフさんたちから特別にコメントをもらった。

このスタッフさんたちは日替わりで、どの日に誰が居るかはお楽しみ、との事。 ちなみに普段はスタッフさんや許可されたコーナー以外の店内の写真撮影は禁止なのでご注意を!
初音ミク初音ミク: 『Project DIVAで遊べたり、普段は触れない機材も色々と触れて楽しいので、来てみてくださいね』

LilyLily: 『来てもらわないと楽しさが分からないことがいっぱいなので、ぜひ足を運んでください!』

KAITOKAITO: 『色々な体験ができる場所なので、遊びに来てくださいね』

歌手音ピコ歌手音ピコ: 『DDJは誰でも簡単にDJになれる機械なので、ぜひ一度触れて、体験してみてください!』

mikimiki: 『体験コーナーがいっぱいあるので触りに来てみてください』

猫村いろは猫村いろは: 『私に逢いに来てください!』

主催者のヤマハスタッフの方にもお話しを聞くことができた。

お忙しい中気持よく取材に応じて下さって本当にありがとうございました!
ヤマハスタッフさん:  ボーカロイドは楽曲、キャラクターグッズ、関連商品などと普段はそれぞれ別々の展開をしているので、全てを一箇所で体験できる機会は実は珍しいんです。ソフトの提供元であるヤマハとしても、ボーカロイドを使用して作曲を行うユーザーばかりでなく、それで作られた楽曲を楽しんでいる方々とももっとお近づきになりたい、もっとこの『ボーカロイドという現象』を身近に、リアルに感じてほしい、というコンセプトででこのカフェを作りました。
開発スタッフ 剣持氏:  ボーカロイドというムーブメントはネットから始まって、様々なメディアへと波及していきましたが、ヤマハとしては、表面的な評価に惑わされることなく、音質や操作性の向上など、ソフト自体のクオリティを地味に高めていく努力を続けていきたいと思っています。  ボーカロイドの開発スタッフとしては、音声を合成するという技術がしっかりと音楽として使用されるに至り、さらにそれが実際に誰でもが手に取れる、簡単に扱えるところに存在しているという事実を体験してほしいですね。また、ヤマハとしては、ボーカロイド以外にも様々な最新技術に触れることができる機会なので、是非多くの方にそれらを体感し、楽しんでほしいと思っています。
]]>
Sat, 05 Mar 2011 18:52:40 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=3
VOCALOID CAFEに行ってみた http://comipo.info/blog/?eid=2 000+.jpg 場所はイベントスペース六本木umu 会場概観 001.jpg 中には試遊台がありました。 002.jpg VOCALOID関連のグッズでいっぱい。 003.jpg 満員御礼の中、イベント開始。 004.jpg iPhoneを使ってのデモが多かったです。 こちらは専用のインターフェースでメロディを入力することで 音楽を検索することができるとか。 005.jpg パイオニアの新商品説明もありました。 Lilyのコスプレをしたお姉さんが親切に対応してくれました。 006.jpg 000-.jpg 公式サイトはこちら ]]> Fri, 04 Mar 2011 00:28:43 +0900 http://comipo.info/blog/?eid=2